<< 10年分の涙     焦がすような日差しの夏には君の... >>